漫画。

同様に漫画でハマったものを。

というかいつでも読んでみたいと思うのは2作品だけなんですよね💦
高校時代読んだ「電影少女」と 半ヒッキーの時読んだ「ホーリーランド」。

前者の電影少女は、思春期心象そのものなんですが、今だに心に引っかかる。思春期心象から成長してないのかな💦
萌えマンガのはしりみたいにもみえますが、
なにか非常に純粋化された恋愛みたいなものが描かれている。
プラトニックラブ?とでもよぶのかな?
現実世界では瞬間にしか存在しなくて、でも思春期心象を持っている人なら何度も思い出すたぐいのもの。
なんとなく明るくさせてくれる、元気少女好きみたいなの僕にはあって
ヒロインの あいちゃん はその元型でもあるかも。
あと 14、15巻の れん編、 はコンパクトにまとまっていて、こちらの方が良いかもと思ったり。

長くなりました、ホーリーランドに行きます。
いじめられっ子の少年が、独自に磨いた格闘技術でストリートファイトに繰り出す、お話。
僕は元々格闘技は好きですが、格闘マンガとしてはこのマンガを見ませんでした。
主人公の孤立させられたヒリヒリした感覚、居場所や共同性を獲得していく感覚、
僕自身がよく感じていた感覚であり そういう居場所を見つけられたらという希望みたいなの。
同じ作者の作品で、「自殺島」というのもあり、こちらも好きです。
なんか人生をヒリヒリしたものに見る感覚が 僕と似ているんでしょうね。