プロレスと格闘技の間

ひそかに上げた前記事のように精神状態悪くて記事が滞っていました。

さて上記記事。

僕は高校時代 深夜テレビ見てて プロレス、近所のレンタルビデオ屋とかで格闘技も好きになりました。

今でもYouTubeでは何となく昔の全日本プロレス見てたりします。

プロレス歴としては、全日のスタンハンセンを好きになり、それから新日の軍団抗争みたいなの、レンタルで古いUWFのビデオを見たり。

プロレスイメージとしてはインチキぽいな→結構本気かもみたいな。

週間プロレスのバックナンバー見て、パンクラスとか、こんなプロレスもあるんだ、とか。

格闘技は格闘技で、「骨法」とか、真の「太極拳」は実は最強の武術だ、とか、マニアックなハマり方をしていました。

一般イメージでは数年前まで大みそかにPRIDEだのK-1だの格闘技ブームぽいのを知ってる方もいるかも。

日本のプロレスは少し特殊で、ショー要素の強いアメリカンプロレスと違い、アントニオ猪木とか、元々 総合格闘技志向の強いプロレスが存在していました。

今回は総合格闘技ぽいプロレス、「UWF」のお話。

UWFといっても 第一次U、第二次U、UWFインターナショナル と関連は強いものの別の団体が存在してました。プロレスオタクならよく知ってる話。

前田日明高田延彦船木誠勝藤原喜明、 この辺りの名前を知ってる方いるかしら。

僕は藤原喜明の関節技が抜群に好きですね。
これはカールゴッチの流れかな?、古い新日本プロレスとかにもそういうねちっこいレスリングをする選手はいました。

以下に紹介する本は異論もあるでしょうが、UWFというプロレスの大まかな流れを追っていて、僕自身も大まかに了承 というか文章的にも読みやすく興味深く読みました。

立場としてはUWFはガチンコではなくプロレスを抜けてはないが、のちの総合格闘技で活躍する選手、あるいは総合格闘技ブームの原点になった、みたいな感じでしょうか。

もう少し内容を面白く紹介出来そうですが💦 まぁ興味ある人しか読まない分野とは思うので。 基本的に読み物レベルとしては読みやすい本だと思います。